まちと暮らしの情報

選ばれる戸建賃貸 Cassi-ya(カッシーヤ)

Sグループ

戸建賃貸画像1.jpg

選ばれる戸建て賃貸住宅・価値ある戸建て賃貸住宅 Cassi-ya カッシーヤ

目次

選ばれ、価値ある賃貸経営

 私達が賃貸住宅の建築をお受けする場合に、賃貸運用利回りを重要視することは言うまでもありません。しかし利回りだけを重視して十分とは言えません。以降の空室対策はもとより、顧客に選ばれ続ける物件であることも重要だからです。新築後10年程度の期間であれば、入居や家賃設定も問題なく運用することができても、その後同じ条件が続くことは無く、また、オーナー様自身の状況が何十年と同じであるという保証が無いことも考慮しなければならないのです。

付加価値賃貸のすすめ

戸建賃貸外観3.jpg

 昨今では、金太郎飴のような賃貸物件があちらこちらに建築されていますが、他物件と同じであることは賃貸事業を行っていく上で後々大きなリスクとなります。ライバルが次から次へと新築され、多くの似たような物件に埋もれてしまうのです。当然、新築物件とも競合します。人口が急激に減少している背景に「賃貸だからこの程度でいい」という時代は過ぎました。的確なマーケティングと検証を行い、数十年後を見据えておくべきなのです。そして「こんな賃貸に住みたかった!」という付加価値をつくるべきだと考えます。

戸建て賃貸の優位性

 将来(相続、売却、分割、利用目的の変更など)を見据えた土地活用が可能になります。また、アパートやマンションを建てることが出来なかった狭小地や変形地でも建設可能です。

将来を見据えた土地活用.jpg
狭小地・変形地でも可能.jpg

現場からの声

 弊社の戸建て賃貸住宅は、注文住宅のようにここの敷地を活かした間取りや設備仕様を取り入れていますので、他の賃貸住宅とは違うことがお客様に伝わります。ご案内のお客様が「賃貸なのに?」と驚かれることもしばしば。また、入居中のお客様から「主人の転勤で退去することになります。」とご連絡を頂いた後に、転勤で引っ越すことより単身赴任を選択されたということがありました。そのお客様は、ずいぶんと転勤先でのお部屋探しをされていたようでしたが、同じ戸建賃貸でも納得の物件が見つからずに、結局はご主人様が単身赴任で頑張ることになったというのです。これには、オーナー様も喜びと同時に大変驚いておられました。お客様が気に入った物件にお住いになること、そして、良いお客様が長くお住いになってくれることは、お互いにとって幸福であり、喜びです。そして、そのお役にたてられたことを、私たちも喜びとしています。

長期展望の必要性

戸建賃貸内観.jpg 戸建て賃貸外観.jpg 戸建賃貸内観2.jpg

 建築会社は建物を建てたら終わりですが、オーナー様はそうはいきません。10年後、20年後の入居率や家賃、ライバル物件との競争、さらに相続や売却を考えなればいけないこともあります。相続時に売るに売れない。分かるに分けられないとなってしまっては、賃貸住宅の建築が後々大きな負担となってしまうのです。そういった将来の状況に対応することまでを考えて、はじめてオーナー様の資産やご家族を守る賃貸事業運営に繋がると私たちは考えています。

恒久的入居対策

 賃貸住宅であっても、その土地を活かす建物であること、または不利を補える建物であることが必要です。また、差別化できる付加価値を持っていること。築年数が経ち、家賃が低下していく物件と家賃を維持する物件との違いはここにあります。恒久的入居対策は新築時にしてしまうのが正解ということです。後からこうすれば良かった、ああすれば良かったでは無く、他物件とは違う入居者目線での付加価値賃貸の建物が成功のカギとなります。

お役立ち情報カテゴリ

おすすめコンテンツ