まちと暮らしの情報

SANシリーズの魅力を最大限に引き出すポイント<プロセス編>

一緒に学ぶ・勉強

狭山不動産は狭山市や所沢市、入間市を中心に地域に特化した不動産会社です。地元企業ならではのネットワークを活かした情報網からの土地取得を得意としています。

画像

目次

1.好条件の土地を数多く取得

土地を独力で探すのは簡単ではありません。まして、日頃馴染みのない地域では、販売されている土地にどういう特徴があるのかが分からず、地域がどう変わっていくのかという予測もつきません。 しかし、狭山不動産は、地元に密着して長く不動産事業を展開しており、地域の事情に詳しく、賃貸管理や取引のある地主さんとのネットワークも広範囲に及びます。そのため、条件のよい土地を数多く優先的に仕入れることが可能になっています。また、自社開発部のノウハウで地質や地盤についての情報も豊富に持っており、他の土地との比較も容易です。さらに、売主としての分譲になるので、仲介手数料も発生しません。この点も大きな魅力です。

2.土地とプランが一緒に検討できる

土地には、それぞれ特徴があります。形や広さだけでなく、方位や近隣の建物の状況、道路との接し方、眺望などさまざまです。建物のプランは、その土地のよい面を活かし、もし消極的な面があるなら、それを補うものにする必要があります。また逆に、「ウッドデッキを設けてバーベキューをしたい」とか「2階に大きな窓を設けて眺めを楽しみたい」といった要望があれば、それが実現しやすい土地を手に入れることが必要になります。 つまり、土地と建物は密接な関係にあるので、両方を一体的に考えると希望通りのものが手に入りやすくなります。その点では、土地の仲介だけをしている不動産会社より、土地も建物も手がけている狭山不動産のような会社の方が、希望に合ったマイホームが手に入れやすいといえます。「こういう家で、こんな暮らしがしたい」ということを伝えて、それにふさわしい土地を一緒に探すことができるからです。

3.いろいろなプランを見せてもらうとイメージがつきやすい

土地を見ても、そこにどのくらいの大きさでどんな間取りの家が建つのか、専門家でないかぎり具体的にイメージすることはできません。例えば、その土地が「建ぺい率60%」である時(建ぺい率とは、その土地のどの範囲まで建物が建てられるのかを示したものです)、どのくらいの大きさの家になるのか、リアルに想像できる人はいないでしょう。また、コンクリートの基礎部分だけができた家を見て「小さな家だな。玄関なんかひとまたぎだ」と思ったものの、できあがったらずいぶん広い空間で驚いたという経験を持っている人は多いと思います。 更地を見ても、そこに建つ家の大きさはイメージできないものです。しかし、SANシリーズには多くの実績があります。何坪くらいの土地にどんな家が建ったのか、条件に近い土地や希望の間取りに近いモデルハウスや分譲地の街並みを実際に見せてもらえば、建物が具体的にイメージでき、不安なく購入に進むことができます。

SANシリーズを賢く

お役立ち情報カテゴリ

おすすめコンテンツ