断熱・気密性

断熱・気密性

CO2削減のために求められる環境に優しい家。
暖冷房エネルギーのロスを減らすには建物の隙間を塞ぐ事で気密性を高める事が重要です

断熱材の性能を最大限に引き出せる構造躯体

ツーバイフォー住宅の外壁は、枠組材に構造用面材を貼った大壁構造のために、枠組材の間に空気層をつくります。また、断熱材はその空気層に充填するため施工も容易です。構造体自体を断熱化し易く、気密施工も容易なために建物自体がもともと優れた断熱性・気密性を兼ね備えています。

気密施工に向いたツーバイフォー工法

気密施工に向いたツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法の特徴である床版・壁を組み立てる方式のため、気密性を確保しやすい工法となっています。 また、外壁室内側のせっこうボードの下側に全面に住宅用プラスチック系防湿フィルムなどを貼ることで、相当隙間面積(C値)を少なくでき、漏気による壁内結露などを防ぐことが出来ます。

2×4の安心構造

狭山不動産の家

おすすめコンテンツ