可変性・居住性

可変性・居住性

柱のないすっきりとした設定で、広々とした大空間のある建物をつくる事が可能です。
新築時に将来の増改築を考慮することで、リフォームもスムーズに行えます

ツーバイフォー住宅の大空間

ツーバイフォー住宅は、設計面でも優れた特性をもっています。面構造で、しかも強固なモノコック構造なので、設計の自由度がきわめて高いことです。たとえば柱のないスッキリした設計で、広々とした大空間のある建物をつくることもできます。

小屋裏にもスペースが出来る

ツーバイフォー工法は、屋根を支えるための複雑な小屋組みは必要ありません。このため小屋裏(屋根裏)を収納スペースとして活用したり、屋根の勾配を大きくして採光用にドーマー窓などを設け、居室として利用することもできます。

ツーバイフォー住宅のスケルトン・インフィルの考え方

スケルトン・インフィルとは、建築物を構造躯体と仕上げ、設備に分ける考え方で、住宅などの可変性を評価するキーワードになります。 この考えは、あらかじめ住宅の耐用期間内の想定可能な間取り変更のニーズを予測して、新築時に動かせる壁とそれ以外との壁に分けて、また仕上げや設備の更新を考えてプランすることで可変性の高いツーバイフォー住宅が実現できます。 また、間取りを変更する場合、床勝ち施工のツーバイフォー住宅なら合理的な施工が可能です。

ツーバイフォー住宅のスケルトン・インフィルの考え方

スケルトン・インフィルとは、建築物を構造躯体と仕上げ、設備に分ける考え方で、住宅などの可変性を評価するキーワードになります。 この考えは、あらかじめ住宅の耐用期間内の想定可能な間取り変更のニーズを予測して、新築時に動かせる壁とそれ以外との壁に分けて、また仕上げや設備の更新を考えてプランすることで可変性の高いツーバイフォー住宅が実現できます。 また、間取りを変更する場合、床勝ち施工のツーバイフォー住宅なら合理的な施工が可能です。

外の騒音を入れない 内の音を洩らさない 耳にも心地よい住まいです

遮音と吸音、2つの防音対策

クルマや道路工事の騒音、近隣の家からの生活音など、日常の中にはさまざまな音があふれています。快適な住まいを実現するには、こうした音への配慮も重要なポイントです。 気密性の高いツーバイフォー住宅は、音の出入りも抑える優れた遮音性を備えています。 さらに、上下階の遮音対策は、上階の振動伝達を防ぐため、床根太に天井材を直接貼ることなく、床根太とは別に天井根太を設けて遮音効果の高い石こうボードを貼ります。そして、天井裏にはロックウールなどの材料を挿入し、吸音効果を高めています。 また、最近では使用状況に応じて上階の床仕上げ材の下に高比重遮音マットや軽量気泡コンクリートなどを敷き込み、更に遮音性を高めています。

2×4の安心構造

狭山不動産の家

おすすめコンテンツ