SANシリーズ

ハイスタッド+制震工法

空間に広がりを与え、部屋がおおきく、開放感が増します。

ハイスタッド+制震工法

特徴

ハイスタッド ハイサッシ ハイドア

画像
画像

ハイスタッドは、通常の天井の高さが2400mmに対し2700mmとなり、掃出し窓は通常2000mmの高さに対し2200mmとなります。 空間が広がり部屋が広く見え、開放感が増します。(メーカーにより多少異なります。)

電動シャッター

電動シャッター

■開閉操作はワンタッチ
室内からサッシを閉めたまま、ワンタッチ操作。
夏の冷気や冬の暖気を室内から外に逃がしません。
■障害物感知機能(障害物に当たると停止・反転する安全機能)
タッチセンサー...スラットが降下中に障害物に接触すると、タッチセンサーによりただちに停止して反転します。
■停電時開閉機能(万一の停電時にも、手動で開閉)
停電時には操作ハンドルを引っ張ることで、手動でスラットを開閉できます。さらにもう一度操作ハンドルを引っ張ることで元の状態に戻ります。

制震ダンパー

制震ダンパー

Hiダイナミック制震工法

激しい揺れを吸収することで、住宅の損壊を防ぎ、ご家族を守る、画期的な制震工法です。

狭山不動産の家

狭山不動産の家

おすすめコンテンツ