SANシリーズ

ハイスタッド+制震工法

空間に広がりを与え、部屋がおおきく、開放感が増します。

新SANシリーズ+太陽光発電=「SAN2030」

新しいSANシリーズは、どのタイプでもこれまでの自由設計に加え、ZEH基準を満たし、耐震等級3になりました。
さらに、費用負担実質ゼロ円で太陽光発電(建て得バリュー)を付けられる、SAN2030も新登場しました。
※構造計算書判定、耐震等級3:フラット35SA

SAN2030

ハイスタッド

特徴

ハイスタッド ハイサッシ ハイドア

画像
画像

ハイスタッドは、通常の天井の高さが2400mmに対し2700mmとなり、掃出し窓は通常2000mmの高さに対し2200mmとなります。 空間が広がり部屋が広く見え、開放感が増します。(メーカーにより多少異なります。)

電動シャッター

電動シャッター

■開閉操作はワンタッチ
室内からサッシを閉めたまま、ワンタッチ操作。
夏の冷気や冬の暖気を室内から外に逃がしません。
■障害物感知機能(障害物に当たると停止・反転する安全機能)
タッチセンサー...スラットが降下中に障害物に接触すると、タッチセンサーによりただちに停止して反転します。
■停電時開閉機能(万一の停電時にも、手動で開閉)
停電時には操作ハンドルを引っ張ることで、手動でスラットを開閉できます。さらにもう一度操作ハンドルを引っ張ることで元の状態に戻ります。

狭山不動産の家

狭山不動産の家

おすすめコンテンツ